読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

目も眩む!“帝王モデル”携帯電話を注文販売:売価19,999元、あなたは買う?

北京青年報によると:近いうちにある携帯電話メーカーが北京故宮文化伝播会社と共同して1台の携帯電話を販売する。機体は竜、めでたい雲のなど伝統の図案を取り入れ、携帯電話の売価は19,999元(約34万円)、全世界で999台限定販売。聞くところによると、故…

公葬日前夜に、2人の青年が南京で日本のサムライに扮装して写真を撮った

公葬日前夜の燕子磯に“日本のサムライ”の影が突然現れた同胞が被害にあったこの土地で、2人の青年はどうしてこのような写真を撮ったのか12月10日、第3回南京大虐殺犠牲者国家公葬日の前の3日間、南京市の多くの場所はすでに記念標語を掲げだし、大通りの中ほ…

【良いニュース!北京の大気汚染の主要成分の謎が判明】

中独の両国の研究者はすでに北京と華北地域の大気汚染の最も主要な成分の硫酸塩が形成される謎を解読したと語った。研究者いわく:石炭火力発電所の高い二酸化硫黄、発電所と車の高い二酸化窒素など、我が国は同時に大量に排出しており、硫酸塩が迅速に形成…

トヨタ・タンドラ買った!~嘘でした

北京の若者は派手な65万元(約1,100万円)のトヨタ・タンドラを買った。オフロード走破性能はベンツG級に完勝する中国人のコメント20数万元が君の家に着いたら65万元まで高くなったか?タンドラの長いホイールベースで悪路走破性がGに完勝するって?笑いがとま…

東北の人口は10年以内に100万人近く流失するのか? 発改委が答える

国家発展改革委員会は12月13日に定例の議題についての記者会見を開き、マクロ経済の運行状況を発表し、そして注目個所の問題に応対した。 発改委は重点的に6つの方面の情況を紹介し、それぞれ:電力、投資、価格の運行状況、経済体制の改革の情況、地区調和…

中国十大醜悪建物!

中国の十大醜悪建物!芸術の面から見てかなり異常です。中国人のコメントちょっとお聞きしますが、第10はどこにありますか? 最近PM2.5祭りだったので、気分転換にこんな記事を・・あきらかに成金趣味ですね・・ 醜の美学 [ カルル・ローゼンクランツ ]

【河南安陽の400数名の学生、大気汚染の日でも屋外試験する】

ここ数日、全国の多くのところは冬になって#最強汚染#を迎え、河南安陽地区の大気汚染指数は連続して測定器を振り切り、林州教体局は全市の各中小学校幼稚園の休講通知を出した。しかし、臨淇鎮の学生の家長は語る、このような大気汚染の日、学校は依然とし…

【広範囲で霧土煙の来襲、71都市が重度の大気汚染】

我が国多くの場所が“土煙”↓↓20日、成都は土煙の橙色早期警報を発表し、国内の24の都市は重度の赤色早期警報をスタートさせ、石家荘PM2.5濃度は千を超えた、天津が休講し、北京は休講し...霧土煙の天気、どうしたらよいのか? 元の記事http://sc.sina.com.cn/…

【華春瑩へのめったにない強硬質問!:まさか南シナ海は米国のものですか?】

今日の外交部の記者会見上で、スポークスマンの華春瑩は何度も中国海軍が南シナ海で[無人の潜航器]を引き上げて綿密に調査した件を尋ねた。[無人の潜航器]は米国の所有物で他人のポケットの物だと質疑した記者がいた。これに対して、華春瑩は、“まさか南シナ…

人民日報:各国専門家は人民元の下落に否定的

“人民元の国際化は正常に進んでいる” 国際社会は人民元の発展に注目している 現在、中国は急速な経済成長を維持しており、国際競争力もあり、プロジェクト輸出に関しては世界一強い。近ごろ人民元相場は変動が現れ、ドルに対しても珍しく価値の下落の動きを…

2016重慶の街 秋冬ファッションの参考に

中国人のコメント私が好きだと言ってください33 p1の彼女は景甜そっくり (景甜(ジン・ティエン):中国の女優)179 寒さの中でこのように着るのは・・・140 中国では重慶地区の女性が最も美人が多いと一般的に知られています。それで、こんな記事が出るの…

国連方式で日本のGDPが一夜にして6.3%増加した

2008年に、国連は1993年のGDPの算出基準を修正した、日本は2016年に新しい標準を採用し始めた。古い標準と比較して、新しいGDPの計算範囲は、研究開発、特許と著作権に対する支出もすべて投資だと見なし、これらの支出は初めてGDPの計算に入る。そのため、新…

妖怪になった蛇

えさをあげますか?妖怪になった1匹の蛇がいます!中国人のコメント蛇というのはどんな感覚だ1318 これは蛇が人を食べたんだろう2031 蛇を見ると私は全身に鳥肌が立って、とても気分が悪くなる、蛇を食べる一部の人の気持ちがわからない1959 ヘビ柄の全身タ…

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第三章~もがく-最終章

分かれた従業員が適当な場所に落ち着くのは東北の生産能力の面で難題である 今年登場する《黒龍江省過剰石炭解消生産能力の実施計画》の中で、黒龍江省は人員の6.2万人の分散配置を予定しており、その中で、竜石炭グループは5万人を占める。この省の手配によ…

朝鮮は全土で金正日の没後5周年を追悼し黙祷する

朝鮮中央通信は12月17日に写真を提供した、当日12時朝鮮全国3分間の黙祷をし、亡き最高指導者の金正日の没後5周年を追悼した。中国人のコメント本当に指導者を心から望む敬慕の念のみがこの国家の人の心の中にある、これは朝鮮が韓国に比べて長年立ち後れて…

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第三章~もがく

もがく 2016年11月、遼寧省鞍山市の鞍山鋼鉄公司グループ某工場の中は1面荒涼としていた、仕事がないため、工場の従業員は休みになった事を知らされた。1人の夜回りをする人しかおらず、がらんとして静まり返るグレーの工場の建物を見回る。 馬陽(仮名)は…

【この冬最もひどい霧煙来襲 40都市が重汚染を発表し早期警報発令】

新しい重汚染の天気は昨晩始まり、現在既存の22の都市は赤色の早期警報を発表し、18の都市は橙色の早期警報を発表した。石家荘、唐山、保定などの都市は重汚染ランクにすでに達し、その中で石家荘のPM2.5濃度は400ミリグラム/立方メートルを突破した。今回の…

【協力の精神の向上が見られますか?朝鮮の小学生は線路を修理させられます】

ある外国の記者が朝鮮両江道に向かう時、1群の8、9の歳の子供が小石を運んで、鉄道を修理するのを見かけました、聞くところによると最も小さい子供はたったの5歳です。彼らの毎日の労動時間は時には10時間まで達します。朝鮮の官吏は語ります、子供のチーム…

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第三章~転居

常曾強は転居を決めた。 これ以前に彼は30万近くマイナスになった。2013年に、彼の焼鳥店は毎年ただ2,3万元だけ儲け、これと以前の毎年の10数万元と比較して、減少率が70%を上回る。この時に彼はとても納得がいかなかった、豊富な経験を持ち、店の場所は変わ…

中国女性留学生が日本で殺害された事件、容疑者起訴される

11月3日未明、中国の留学生の江歌は日本東京都中野区家の中で殺され、事件発生後、日本の警察側は事件に対して調査した。11月24日夜、日本の警察側が公表した内容では、殺人の罪で中国籍の男性の留学生の陳世峰を逮捕した事を発表し、彼が中国の女性留学生の…

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第二章~彷徨

常曾強は自分が“純粋な東北人”だと主張する、彼の故郷の佳木斯市撫遠県は中国でも最も東北地域にあるため、高いところに立って川の向こう岸を見ると、ロシア人の運転する自動車を見ることができる。2008年の春節あと、28歳の彼は七台河市に行くことを決めた…

モデル受験生は零下2度でビキニになり 非常に長い足を見せます

2016年12月14日、山東の煙台モデル芸術育成訓練学校で、2017年選考の学生ビキニショーに備え、“モデル”達は形体、通行、儀礼などの科目の訓練を行っております、ちなみに、当日の最低気温―2℃を記録しています。元の記事http://news.qq.com/a/20161214/035700…

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第一章~

一気に翻訳しようと思ったのですが、長文なので連載にしました。ごめんなさい中国東北シリーズの、今回は第一章です。 2016年12月5日。夜の帳が降りる頃、常曾強は慌ただしく黒色の羽毛ジャケットを着始める。彼はきちんと氷の箱の中から肉を取り出し刺し連…

中国42都市の大気汚染警報発令 13日から緩和

中国新聞社北京の12月12日のニュースでは10日~12日、中国北京・天津・河北中南部、山西南部、山東西部、河南北部は次々と重度の大気汚染が発生した。環境保護部が発表した早期警報の情報により、42の都市が早期警報を発令した。中国環境保護部が12日に夜重…

北京の地下鉄の中

。。。アニキ、俺はあなたを男として尊敬する 中国人のコメントたぶんネットカフェで4ヶ月遊んでたんだろう、冬になって出てきたんだ683恐らくちょうど熱帯から帰って来たんでしょう……空港でもこのような事があった206このお兄さんはちょうど熱帯地区の都市…

【最強降雪!、瀋陽市民が作った傑作雪だるま】

12月8日、瀋陽はこの冬最大の降雪を迎えました、大雪は午前8時に始まり午後3時まで続き、大通りと路地は雪に覆われました。大雪のあと、瀋陽街頭はいろいろな形の雪だるまがいたるところに見られ、人々を笑わせました。元の記事http://www.weibo.com/ttartic…

米国旅客機、浦東空港滑走路無断侵入 調査開始

12月9日の晩、民用航空の専門家はが提供したニュースによると、12月8日19時20分頃に、上海浦東空港で滑走路の侵入事件が発生した。 12月8日19時23分、米国デルタ航空一機は東京から浦東行き目的地浦東空港に飛行中だった。航空管制塔が命令する前に、この機…

【女子がホテルに忍び込み“覇王風呂”を使用して捉えられた後に水道料金節約と弁解する】

5日の午後、合肥のホテルのフロントの警報が鳴り、清掃員が退室した客室のドアがロックされているのを発見し、泥棒と思い連絡した。警官が駆けつけた後に発見、部屋の入浴設備の中で歌を歌いながら入浴している一人の若い女子がいた。この女子は、彼女は水道…

タイのガイドが中国の女性観光客を殴った後、親指を立てたことに対して謝罪した

中国タイ大使館領事館が9日確認したところ、公使館を通じて直ちに交渉し、8日夜タイパタヤで1名の中国の女性の観光客をタイのガイドが殴った変について、すでにこの観光客に対して遺憾の意を伝え、そして一定金額の弁償を行った。現地のメディアのは報道では…

【看護してもらった看護婦に河南の若者が毎日無料で夕食を送る】

杜さんは若者(80後、1980年代生まれの若者)で、今年7月、彼は体の調子が悪く新郷の医学院第三付属病院で1ヶ月入院し、治療を受けました。担当の看護婦がとても忙しくご飯さえ食べるの暇が無いのを見て、突然退院した後の杜さんは、医療関係者のために無料で…

【どれだけ寒いの?黒龍江伊春国境警備分遣隊の新兵が“発水成氷”で遊ぶ】

12月6日、黒龍江伊春の最低気温は零下の33度に達しました。伊春国境の警備分遣隊の新兵は訓練の合間に、“発水成氷”で遊び始めました。““発水成氷”を撮影するためには必ず寒くなければならないというのが秘訣です、気温が低く、かつ、ある程度のテクニックが…

【男子高校生の寝室のイルミネーション 夢幻の童話のよう】

近日、重慶工業職業技術学院の男子学生の寝室がネット上で人気がある、暖かい照明と繊細なベッドのカーテン、信じられないがこれは男子学生の寝室です。この寝室の大学1年の男子学生部屋は深海だと同級生は紹介しています、寝室に配置するのは美しく清潔、装…

日本は乞食がいない、ただホームレスだけ

乞食は物を請い、ホームレスは流浪し、その差ははっきりしているが、乞食でもホームレスという一体の場合もある。世界各地に様々な乞食とホームレスがあるが、最も興味深く事細かに観察したのは、日本がただ住民に迷惑をかけず気ままに振る舞っているのがホ…

《君の名は。》はどうして中国人を征服出来たのか?

新海誠の映画《君の名は。》日本で上映されて三ヶ月、すでに日本のアニメーションの歴史で売り上げ第2になった;中国で4日上映し、切符売り場は3億売れ、話題がどっと押し寄る。日本でかつ中国で、《君の名は。》はすべて現象級の映画と言える。新海は確かに…

日本は中国市場経済国の地位を承認せず、欧米と歩調を合わせる

[記者 余鵬飛]日本《読売新聞》は12月5日に語り、日本政府はすでに基本的に決定し、欧米とを歩調を合わせることで、中国の“市場経済国”の地位を承認しない。 報道によると、日本首相の安倍晋三は5日の参議院TPP特別委員会の会議上で、中国国有企業の“不当な…

環境保護部専門家は大気汚染対策費用として1.75兆元を必要とする事を認める

参考消息ネットは12月6日に報道香港メディアに語ったところによると、中国の官吏が広東の環境保護のフォーラム上で、中国はほぼすべての大気汚染の分類中ですべてで世界の首位であり、二酸化硫黄と一酸化窒素及び、炭素の排出も同じである事を認めた。 香港…

北京は居住に適しない:中国は遷都してまず目的地を

元のソースhttp://blog.sina.com.cn/s/blog_5f56caa20102wvc8.html#commonComment 人々が北京が居住するのに適合するかどうかを討論する時、前世紀80年代からが遷都しても絶えず公衆の視野ので中で現れるのを考えます――北京は首都の歴史的使命としてすでに終…

日本の福島の大地震の背後の真相はとても恐ろしい:決してわざと驚かせているのではありません

関連リンクhttp://blog.sina.com.cn/s/blog_4eb0f32b0102x14f.html11月22日、日本福島県の近海で7.4級の地震が発生して、現在6人が負傷しており、遭難の情報はありません。 この何日多くのネット友達は日本への援助の是非を論争していましたが、実は各自の自…