読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

北京は居住に適しない:中国は遷都してまず目的地を

元のソース
http://blog.sina.com.cn/s/blog_5f56caa20102wvc8.html#commonComment


 人々が北京が居住するのに適合するかどうかを討論する時、前世紀80年代からが遷都しても絶えず公衆の視野ので中で現れるのを考えます――北京は首都の歴史的使命としてすでに終わったのかどうか?
 
 前世紀80年代から遷都する構想を出す学者があります。しかしこれらの民間の意見はすべて以下の部分がありません。
 
 北京の霧の土煙が最もひどい時、ネット上で河南信陽に遷都するというデマが広く伝わっています。しかし信陽人は心配を始めます:“来ないでください、私の偉大な信陽市はあのすべての汚染を受けることはできなくて、私達は今居住する都市に適合して、これはとても良くて、私達を変えないでください。”みんなはすべて首都の代表した生活に対して脅して恐れました。

  世界の第2大経済体の首都は今のところ多い都市病がありました:水は南方の水を北方へ引く工事を通じて運んできて、“首都”は“第一の良い都”としてていっそう深く人の心に染込んで、都市はだんだん大きくなって、四環路、五環はずっと河北の燕の町はずれに着いてあなたを歓迎します。2013年2月28日、北京政協の会議に参加する姚明が駐在地ホテルを出て行く時、首都の空を頭を上げてよく見て、しわは眉間が起きて、これは一瞬の間にカメラマンに撮影しました。あの日、北京は灰色の土煙、砂ぼこり、大風の三重を迎えて襲撃されて、空が薄ねずみ色から黄土色になりました。この前に、PM2.5は“北京咳”というこの新型の都市病に貢献しました。
 
 政治センターとして、北京も毎年一回の“両会”が試します。北京センターの市街区域の渋滞の指数は9.9の高位が現れたことがあってことがあって、家に帰る途中の北京の市民は実はすべて駐車場で滞在します。
 
 前世紀80年代から遷都する構想を出す学者があります。1980年、首都経済と貿易大学の教授の汪平は首都を北京から移転する計画を出します。4年後に、中国社会科学院の黎鳴は中央に遷都する計画書を手渡しました。これらの民間の意見はすべて以下の部分がありません。2000年、《経済参考報》が発表して《北京城がすべて強制移転させられますか?》,これは政府のメディアの上で遷都する問題珍しい見得です。それの後で、梅育新、胡星などの学者はネットワークの上で遷都する研究成果に関して発表しました。遷都して救って各種の都市病の北京城に陥るだけではなくて、その上遷都するを通じていくつか根本の問題を解決しに来を望みます。胡星は《遷都提案に関する建設書》中で述べています、1つの小型の政治の首都を新たに作って分けて政治と経済に役立って、連結して、腐敗の現象を政治から取り除きます。

 理想主義者の構想中で、未来の中国の首都はどんなであるべきですか?多分巨大な都市である必要はなくて、ましてや名声が高い必要はありません。
 
 朱士光は西安で生活して、彼の受けた印象は:西安の霧煙もとてもひどいです。今年2月、西安は一日だけ市民の健康に適合するだけで、霧煙の天気は22日占めました。“もしも北京は空気汚染が遷都するための条件ならば、西安からの首都移転は本当に必要はなかったでしょう。”実は中国の八大古都――西安、北京、開封、鄭州、洛陽、南京、杭州はすべてPM2.5で困っており、安陽さえ運よく免れることはできません。
 
 人民は古都が決して行為の新しい都に適合しないと思います。近代来、これらの都市の人口が集めて蓄えるのはとても大きくて、たとえ1つの省として都市ができますとしても、水源、土地はすべて自身の発展した需要を積載しにくいです。その他に、南京に似ていて東部沿海地区に位置して、もともと中国の経済の最も発達している地区で、それのから周辺のそびえ立つ戦略位置の意味が大きくありません。
 
 人民は自分が重点的に湖北、河南、山西、四川、甘粛、重慶を考察したことがあると言って、宜昌、襄陽、南陽、信陽、随州、漢中にこのような中小の都市をも行きました。彼からすると、襄陽、荊州、荊門、宜昌の4基の都市の互いに囲んでなる一面の三角形の物の地帯から第一選択であることができて、《管》中は“一般に大山の下で必ず広川の上で国を立てるとすべて、非、言います。高くて近いなかれ日照り水を使って、下で日の材料、地の利についてため近いなかれ水溝防省、に足ります”。この辺りは湖北省の西部の高地の上であって、大山があります:大別山、巫山山脈;大河もあります:長江、漢水、水源が十分です;人口は密集していないで、都市はまだ十分に開発するに、使える土地は比較的広くて、文化の歴史の資源も比較的豊かにします;もの、南北があって渡して場所を為替で送って、位置の優位も良いです。
 
 “現代国家の遷都する重要な目的は地区の不平衡的に発展する問題を解決して、中国の発展する盲点は西部にあって、まったく解決するのが中西部に遷都するので、その上コストは更に高くありません。都を定める中西部、よくチベット、新疆の問題を解決することができても、民族の凝集力を高めることができます。“新しい首都”の信陽にデマが飛んで、人民は言って、信陽は少し欠陥だ南側は大別山で、北側は淮河で、風水の角度から、北側に山があって、南は水の良いのがあります
 
 人民も表して、新しい首都のが選定するのは一両人が頭をたたいて決定したのではなくて、首都のが選定して少なくとも10年が準備するのが必要で、最高権力機関から1つの首都発展委員会を設立して、水文、気象、地質のなど方面の専門家を組織して資料を収集して、十分に論証して、“初めは三峡ダムを建造したように”。遷都するのは1つの利益の争いの過程で、どうしても既得の利益者に感情を害します。たとえば、もしも遷都して、北京の住宅の価格はとても恐らくある程度下がって、関連している利益グループは必ず遊説のイベントを行います。どのようにこれらの入り混じり集まって複雑な問題を解決しますか?人民が戦略を将来的に見通して政治家が各方面の利益にうまく調整する事が必要だと思います。 

 翻訳が少々分かりづらくて申し訳ございませんが、
中国人は昔から首都が環境汚染で住みづらくなる度に選都していたんですね・・
土地がありあまってる大陸ならではの発想ですね。
こんな考えでは環境汚染が無くなることはありません
しかし、さすがに現代は、選都ですべての問題をチャラには出来ないでしょう
北京の環境汚染を中国政府がどうするつもりなのか、今後が楽しみです。