読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

間もなく配備される殲-20はどんな状況?すでに11機生産して6機完成

軍事
  “殲-20は11機生産し、すでに6機が完成”をであることを知り、近日インターネットのメディアは殲-20のニュースで大量の関心と討論を誘発しました。もしもニュースに関連しているのが事実と合っていて、それではそのすべての状態の原型機は完成形が試験飛行プロジェクトを完了して殲-20を発表して、すでに“少量量産試作生産”の段階に入りました。
 みんなのよく知っている原型機と中国の飛行試験研究院で使用するものの違いは、“少量量産試作生産機”の殲-20は中国の空軍作戦試験部隊に交付して使うであろうためです。空軍作戦試験部隊は関連の需要の標準によってを生産型の殲-20を試みるのに対して全面的な審査鑑定に行って、殲-20を検証して試験飛行の中に得る目標指標に達することができるかどうか以外、また飛行機性能によって戦術の方法と作戦計画を研究して、飛行訓練のための標準書とマニュアルを作成します。
 
配備される殲-20は、当写真の示した殲-10と同じに、“試作生産機”に属します。
 
  2016年の珠海の航空展覧会の時、中航の工業の副社長の呉は殲-20がいつ軍に交付するかに言及する時語って、殲-20戦闘機はすぐ使用を始めて、かつ軍の側で過程で使って、また一連のテストと大量のデータマイニングを行って、かついくつかの指標について改めて見直しを行うでしょう。呉はまた強調して、すべてユーザーのために話をします。この説明、中国空軍のために提供して飛行機と育成訓練の保護の保障体制の条件を熟知する同時に生産型の[殲―20]、中国空軍は使う中に存在する問題は科学研究部門に提供して意見をフィード・バックすることができて、科学研究部門から補充を行って改正します。

 “少量量産試作”の段階殲-20、中国の空軍作戦試験部隊での試験飛行、ユーザーが使うことによって[殲―20]に対して最後に検証する措置を行うので、検証を通じて科学研究部門と設計上の誤差をを確認することができて、初期設計と試験飛行の中で存在する不合理で便利ではない場所を是正して、[殲―20]の性能と後続進歩を改善するために、モデルを直して技術と実践の向上を提供します。


中国空軍の司令員は珠海の航空展覧会の時殲-20がすでに生産の具体的なタイムテーブルがあったと表します(図:DS南シナ海ニュース)
 
 周知のように、中国の航空工業の進歩に従って、中国の軍用機の設計、試験飛行と模擬実験の手段はすでにとても豊富で、そのため殲-20の開発・製造の過程はすでに伝統の軍用機の開発・製造の過程(論証―方案の設計―工事の開発―設計―定型化/生産定型化試作)を使って、この点は国産の殲-10の戦闘機と殲-15の戦闘機の上ですでにある程度体現していました。たとえば殲-10が中国の開発を開始して設計していて具現化する前に部隊に小量生産品を交付して試用する、殲-15戦闘機は原型機械段階で海軍の艦載機の部隊に入って上艦を含める各種の科目を行って訓練を始めます。現在総合して資料を公開して、殲-20殲-10、殲-15は同じにし、試験飛行しながら、、装備する方法を定型化するのです。

 もしもみんなのよく知っているインターネット上で殲-20の状態の区分の基準をがA、Bとあって、“少量量産試作”の殲-20は現在A1状態があり、空軍作戦試験部隊の実践に入って検証して過程で問題を発見する後で、A2状態に更に改善して達するでしょう。殲-20の目標のエンジンが所定の位置についていた後に、更に整合を合理化するのを待ち、十分に殲-20の最優秀状態を発揮して、本当にようやく定型化することができ、当時殲-20は正式の装備する飛行機とすでに大きな相違がなく、正式に配備することができます。


11月28日、日本は米国のルークの空軍基地で最初のF-35Aの戦闘機を配備しました
 
 でも、すでに公開した報道を総合的に見て、現段階殲-20はすでに全く4世代の機械の大多数のモデルの特徴を備え、その先進的なステルス性能、機動力、情報の優位性で、殲-20周辺の3世代の戦機、3世代半戦機に対してもう圧倒性優位を形成することができるようになり、F-35の能力を対抗します。
(作者署名:micaipai)
元の記事
http://mil.news.sina.com.cn/jssd/2016-12-05/doc-ifxyiayq2312224.shtml


殲-20はアメリカのステルス戦闘機F-22と同等の性能があると噂されていますが・・
個人的にはF-15といい勝負ではないかと思っています。
いや、信頼性の面ではF-15がはるかに上ですね
旧型の殲-10はここんところ毎月墜落してますから、新型の殲-20なんか量産になっても、
まともに飛べるのかどうかわかりませんよ