読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

日本はF35で中国を威嚇するが、我軍の勝利は殲-20を使用するまでもない

元のソース
http://mil.news.sina.com.cn/jssd/2016-12-05/doc-ifxyiayq2376983.shtml


日本未来42架F35对中国威胁多大 有这武器不用歼20出场
 F-35戦闘機は米国の研究開発した単席の単発の戦闘機の1モデルで、この戦闘機のF-35Aモードは、主に米国空軍とその他の国家の空軍部隊で装備して、F-35Bは米国海軍陸戦隊に装備され、垂直の離着陸の能力を備えています、F-35Cは米国海軍に配備し、F18戦闘機に取って代わります。つまり、未来F16、A10、F18がすべてF35に取って代わるでしょう。

 1モデルで前線の支援、目標の爆撃は、防空して多種の任務の戦闘機を迎撃するのに用い、第五代の戦闘機に属し、高いステルス性、先進的な電子システムと超音速の巡航の能力を有します。F―35は世界の最も先進的な戦闘機のエンジンF119―PW―100エンジンを使っていて、とても先進的だと言うことができます。

日本未来42架F35对中国威胁多大 有这武器不用歼20出场
日本は将来42機のF35で中国を威嚇しますが、F―35戦闘機に対して殲-20を使わない武器があります
 近日、F35戦闘機は日本に配備され、日本はF35戦闘機のためにすでに製作を完成しました。日本に配備したF35を今テストしていて、日本にとってこの戦闘機は“救いの神”日本の今の戦闘機はすでにとても後れていて、日本の現役F2戦闘機、F15DJとF15J戦闘機すべてすでに長年就役に服して、すでにとても後れていました。

 そのため、日本はF35戦闘機の出現についてたいへん興奮して、この戦闘機の出現は日本に対しての強心剤、しかし将来の42機のF35戦闘機を装備するのは、当然、もっと後の事です。

 F-35を持って、最もうれしいのは日本だけではなく、米国もまた、米国は得意げに日本のF35が中国人を“唖然とさせる”と表現します。このようなでたらめな言論はただちに中国軍に風刺させられます。しかし実はもしも厳しく見て、日本は将来42機のF35を持つでしょう、これは大きい脅しだと言います。

日本未来42架F35对中国威胁多大 有这武器不用歼20出场
日本は将来42機のF35が中国をどれぐらいを脅しても、殲-20の出場はF35戦闘機に対して不要です。
 中国にとって、F35戦闘機の技術は低く怖がる必要はありません、F35の頼みは、ただステルス技術だけ、ステルス技術を解読したのでさえすれば、F35の優位はすっかりなくなります。将来の中国の空警500のレーダーはすでにアンチステルスの能力を備えて、戦術の早期警報飛行機として、前方の戦機に対してナビゲートの機能を実現します、中国の無人航空機もこのを行う方面の探求、つまりいわゆるAはBを導いて技術を打ちます。普通な戦闘機はF35のステルスに対してたいへん頭が痛いが、しかし早期警報飛行機の協力する事で、ステルスの戦機をステルスでなくし、早期警報飛行機のから戦闘機のミサイルのナビゲートを実施し、攻撃を始めます。戦闘機もとても先進的なレーダー技術が不要で、F35一定の距離が間近でも。そのため、全く殲-20などの先進的な戦機を出す必要はなく、中国の第3世代の戦闘機は早期警報飛行機が下で組み合わせることですでに十分に日本のF35に対処出来、日本はF35で中国を脅かしたく、ただ恐らく米国のメディアは日本に1服の興奮剤を打ち、日本を非常に興奮することができますが、しかし持続的に続くことはありません。(作者署名:図説軍事) 

まあ、何と言いますか、早期警戒機の重要性はその通りなのですが
それはお互い様で、中国だけが持っているわけではないのです。
つまり、早期警戒機の性能如何で、現状中国が圧倒的に不利なのですが・・ 
実践していないので、何とでも言えるわけですよね
実際には 殲-20でも殲-10でも、あっというまに全滅させられると思いますよ