読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

日本は遠洋での中国の潜水艦の監視を諦めるだろう

日本放弃远洋重点紧盯中国潜艇 不惜采取这种手段
 日本《世界の艦船》の雑誌などのメディアによる報道では、東アジアの情勢の暗流は激しさを増し、日本海自衛隊は複雑な地域の安全の情勢に対応するため、初めは潜水艦を多数建造し、そして効果的に運用します。海上自衛隊の退役した将校の齋藤は主張します、米国の軍事の力がだんだん“第1島の鎖”から退出するのに従って、中国海軍はまた迅速な飛躍にあって、日本はまた簡単に西太平洋の海上の優位を獲得することはできなくて、特に中国海空軍強力に発展する“反対人/地区介在阻止”(A2/AD)の能力、日本は針のむしろです。

日本放弃远洋重点紧盯中国潜艇 不惜采取这种手段
 日本メディアによると、中国が積極的に製造するA2/AD作戦体系の中で、潜水艦は優先する候補者で、これは日本に対し沖縄の南西の列島に沿って小笠原の“第1島の鎖”と“第2島の鎖の”間の海域の対潜水艦攻撃にため巨大なネットワークを構成します。“潜水艦が最優秀な対潜水艦攻撃の武器だ”の理論に基づき、日本はもっと多い数量の先進的な潜水艦を獲得しなければならなく、関連して警戒監視により作戦能力保証する、これも日米軍事同盟の海上自衛隊に与えられた重大な責任です。

日本放弃远洋重点紧盯中国潜艇 不惜采取这种手段
 しかし、海上自衛隊の発展は“ボトルネック”に陥ります。冷戦の期間に買った艦艇は大部分が就役期間を過ぎ、日に日に厳しい安全な環境に直面し、日本政府はより多くの予算を準備しにくく、これは日本潜水艦部隊の編制を拡大する事の障害になります。日本によって2013年の潜水艦部隊から“忍耐期”に入り、調達する新しい潜水艦のスピードが部隊の編制の拡大するスピードに間に合わないため、現役の潜水艦を延長し、“2018年から22年まで就役に服する潜水艦が建造する”の目標を実現します。しかし、“長期に使う”潜水艦はどのように使うことができるか、海上自衛隊が必ず直面しなければならない問題です。

日本放弃远洋重点紧盯中国潜艇 不惜采取这种手段
 そのため、齋藤は海上自衛隊が“新しい潜水艦攻略”を実施するのを主張し、一部の遠洋の深海の戦う艦艇の前提を建造するのを諦める代わりに、集中する資金で西太平洋沿岸に通常動力の潜水艦を配置し、そして改善策をとり一部の現役の潜水艦の使う期を延長し、“財源を開拓し支出を節約する”を通し、自衛隊実用的な潜水艦部隊を持ちます。

日本放弃远洋重点紧盯中国潜艇 不惜采取这种手段
 作戦に使用するため、日本は現在主に水面の艦艇と対潜水艦攻撃のパトロールで周辺の水域を監視し、目標を発見する同時に、自分を発見されない方法を使用します。日本海自衛隊計画は潜水艦にこっそりと監視する“密偵”として責任を持たせますが、相手に気づかれずに行為を監視するのは困難です。日本の今後導入する潜水艦は採用するのを空気の推進システム(AlP)に依存せず、潜水艦の水中での航行を続ける時間を延長し、それによって主要な海峡で配置することができ、待ち伏せて攻撃して海上の輸送線を破壊するのを実施します。

 海上自衛隊は以前はすべて潜水艦の多くが16年後で退役するのですが、しかし今予算の問題のため、22隻の潜水艦だけ持っているので、今後ただ2種類の措置だけをとって潜水艦の数量を拡充します:

一つは現役の潜水艦を年限に使って引き延ばす方法です

二つは潜水艦を新たに作る時品質を制御し、長期に戦力を有するように設計し、早すぎる時間に取り残されることがないようにします。
三つは将来を見て戦って現代化の装備を導入するので、そして設計の時事前に余裕空間を取っておき、後続アップグレード改造をしやすくします。
(作者署名:空軍世界) 
元のソース
http://mil.news.sina.com.cn/jssd/2016-12-05/doc-ifxyiayr9142725.shtml

心配して頂いて有り難うって所かな?
中国の潜水艦では、現状の日本の潜水艦に太刀打ち出来ないでしょう
でも、退役艦の使用という面では、現状どうなのでしょうか?