読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

日本は西側諸国に中国に対して貿易戦争を促し、それは中国の日本に対する報復を招く

 10月19日、中国が米国の反ダンピング(不当廉売)をめぐる判断基準についてWTOに申し立てを行っていた問題で、WTO紛争処理小委員会は、中国の主張の一部は退けたものの、大部分を認める判断を下した。 写真は米ロサンゼルス港で積み上げられたコンテナ。昨年2月撮影(2016年 ロイター/Bob Riha, Jr.)

 日本共同通信社の12月8日の報道によると、日本経済産業省は、中国のWTOの中の地位に関し、すでに中国を“市場経済国家”として承認出来ない事を決定した。日本はダンピングに関して高い関税を課す“ダンピング防止税”を維持する。日本は中国からの安価な商品が大量に輸入されることを懸念し、同様の方針をEUと歩調を合わせることとした。

 中国市場の経済的地位の承認問題に関して、これは実は国際条約の義務であり、不承認は国債条約に反する事である。中国が2001年にWTOに加入した時、その市場経済の地位付加条項の承認に関して締結している、《中国WTO加入議定書》第15条規定、世界貿易機関の成員は中国の輸出製品に対する反ダンピング調査を2016年に“替代国”のデータを使用し12月11日に停止するというもの。

 “条約遵守の必須”は国際法の基本原則であり、いかなる条約も国内法は国際条約の下の位置している、それが、中国企業に対して不公平で不公正で、不合理な差別的な条約であっても。

 よって、米欧日はずっと中国の市場経済の地位向上に対して反対していることは違法行為であり、国際法に違反している。

 そして、何故日本は12月11日まで3日もあるこのときに“違法だ”と決めつけて宣言するのか?日本にどのような策略があるのか?日本安倍政府がこのようにする理由は大きく三点の意図がある:

  1、中国の市場経済の地位を承認しない様米国に働きかけ、米国政府の歓心を買い、中国を弱体化させる。

 私達は知っている、米国はずっと中国の市場経済の地位を承認するつもりはなく、目的は中国に彼らの公平な競争の機会を獲得させないため、引き続き貿易の規則上中国に対して不利な箇所を設ける。米国はなぜこのようにするのか、中国を抑制したい以外、中国が彼らと同じプラットフォームの上に立つことを心配しており、中国の経済実力が恐らく更に世界の貿易支配を塗り替えるという事、これは米国が見たくない。このため、米国はすでに何度もEUに圧力を加え、EUは今なおまだ決定をしていない。米国が中国の市場経済の地位を承認するのを拒絶し、中国の世界貿易地位が高まることを嫌い、貿易のグローバル化の引率者と規則制定の主導者でありたい、EUは中国市場の利益を失いたくないが、中国へ地位も譲りたくなく、板挟みとなって苦難に満ちた選択を行っている。

  日本は、この時このようにし、一方は米国政府ために協力し、米国政府に歓心を買う。私達は知っている、オバマ政府は中国の市場経済の地位を承認したくなく、トランプに選挙の時もずっと中国の商品に対して徴税する事の強調し、だから日本もトランプ政府の歓心を買って経済と貿易の上で中国を抑えたく、中国を弱体化させる。一方、日本が西側の力を利用して中国の経済の影響力を弱めたいと考えている。

  2.米欧を導いて中国の市場経済の地位を承認せず、西側の中国に対する貿易戦争を促し、経済上で中国を孤立させる。

 12月11日まで3日しかなく、米国は中国の市場経済の地位の否認を明確にせず、EUも更に中国の市場経済の地位の否認を明確にしていない、もしも彼らが中国の市場経済の地位を黙認することは、日本は望んではいない。だから、日本は繰り上げて米欧を刺激する宣言し、それによって米欧国家を導いて中国の市場経済の地位を否認しようとしている。

  日本はこのように、その根本的な目的は西側全体に働きかけて中国の市場経済の地位を否認し、それによって中国と西側の貿易上の摩擦を誘発させる。いったん中国と西側が続けて貿易上の衝突があったら、中国と西側の貿易戦争を誘発するかもしれず、これで経済上で中国を孤立させられれば利益がある。日本はこれで、人々に歓迎されるであろう。

3.中国と西側の関係が悪化し、戦略上中国を孤立させる。

 中国と西側で貿易戦争を始めるのであれば、中国と西側の関係が急速に悪化し、日本にとってこれは戦略上中国を孤立させる事が出来、日本国家の地位を高めるのに利益がある、さらに“他人を利用して的を倒す”、“虎の威を借る狐”。

 日本は中国の市場経済の地位を承認せず、実際には公然と国際法に違反し、この時中国は日本に対して報復しなければならない。中国は次の様な措置をとるべきだ: 

一、日本に対して外交戦と論戦を開く。

 日本に対して公然と国際法に違反していることを激しく非難し、日本に対して一連の措置に反撃する必要がある。一方、日本について国際法の行為に違反していることを暴露し拡散し、同時にそれが経済のグローバル化を破壊するのを試みで世界経済に悪影響を及ぼすことを暴き出す。このような事を行い、私達が道理にかなって、道徳の上で信用を損なっていることを示す。

二、日本に対しての報復措置。

 日本がこのように公然と中国を“挑発”し、経済と貿易の領域で西側諸国が中国を“リンチ”する誘の試みに対して、中国は速やかに反撃措置をとる必要がある。中国が事件の初期に日本へ報復措置することは、西側が警戒心を高めるのに役立つ。 

 三、日本の中国に対しての経済と貿易の利益を、中国と協力する西側諸国に転化。

 中日の貿易の規模はとても大きく、日本が中国から莫大な経済利益を得ている、日本はそれに対しての対価の贈答を未だせず、また中国の経済と戦略が不利益なるようにすることが自分の務めと考え、中国に対して日本の“ちょっと上回る”状態を利用し、日本の中国での貿易の利益を中国に協力する西側諸国に転向してと中国の市場経済の地位の承認を西側諸国と公称によって手に入れる。はっきり言って、日本の陰謀が思いどおりにならないだけではなく、さらにこの代価を払わせる。たぶん、EUは恐らく喜んでこのような仕返しをするであろう。 

 事実上、中国は今世界の第二位の経済大国であり、一大貿易国で130余りの国家の最大の貿易相手、中国の経済は増加し世界経済の増加分の4分の1を占める。このように経済実力市場経済を持つ中国を封じ込めようとする考え自体が幼稚で、目的を実現することはあり得ない。しかし、日本このようなに能動的に挑発し、火事場泥棒のような働きを試み中国に大きく面倒事をもたらし、私達は彼をそのように見ざるを得ない(作者署名:占豪)

元の記事
http://mil.news.sina.com.cn/dgby/2016-12-09/doc-ifxypipt0669494.shtml
 

中国人の反応

日本へのレアアースを販売禁止し、日本の行為が中国と国際利益を損なうように貿易の関税を増加し、日本でまだ核を所持しているため、核備蓄物はあまりに多く国連に日本の核の材料の行方を調査するように求め、苦しめよう!
173
 
先に国民が日本へ旅行するのを禁止せよ
162
 
民間は意識的に日本に旅行するのを禁止せよ!政府は早急に経済制裁の日本に反応せよ!! 
135

相変わらず自分たちの悪事を日本にすり替えて報道していますね~ 。
もともとおまえらが鉄鋼などの過剰生材を、生産調整せずガンガン作りまくって
売り先に困って捨て値で輸出しまくってるのを指摘され
逆ギレしてるだけじゃあないか って思いますけどね・・