読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

中日空軍の東シナ海対峙。日本側は中国側に対して妨害弾を発射したことを否定



 [日本ニュースネット12月11日消息]日中両国が今日海南島海口市で外交安保会議行い、できるだけ早く日中間の緊急連絡体制の合意成立を目指しているが、日中両国空軍は今日依然として東シナ海上空中で峙する。

 中国国防部のスポークスマンの楊宇軍は消息を発表し:“10日午前、中国空軍の飛行機は宮古海峡の空域を通り西太平洋の定例遠海訓練に行った、そのとき日本自衛隊は1編隊2機のF―15戦闘機を出動させて中国側の飛行機に対し妨害弾を発射した、中国側はこれに対して厳重な抗議を出すと表明した。”

 楊宇軍は、“日本側の戦闘機が妨害したのち、中国側パイロットは必要な措置をとり訓練を引き続き展開した。”“日本の戦闘機の行為は大変危険である。”


今日中国の戦闘機を日本航空自衛隊のF15戦闘機が妨害した 

 中国国防部のこの発表について、日本防衛省は昨日の深夜に消息を発表し、日本の戦闘機が妨害弾を発射した事を否定した。防衛省は:“今日の午前、沖縄本島宮古島の間の公海上空を通り抜け太平洋方向に飛んでいく中国軍の6機の戦闘機の編隊があった。航空自衛隊の戦闘機は緊急スクランブル発進した。中国軍の戦闘機は日本領空を侵犯していない。”防衛省中国軍が、日本の戦闘機が妨害弾を発射したと主張する件に対して“中国の戦機機に対して日本は妨害弾を発射していない”、そして防衛省は“緊急スクランブルた後の自衛隊の戦闘機は具体的な行動を報告することができない、しかし、自衛隊の戦闘機は国際法自衛隊法の原則によって行動している。”

 防衛省統合幕僚監獄部(参謀本部)は、沖縄本島宮古島の間の公海の空域を飛ぶ中国の戦闘機は2機のSU30戦闘機、2機のH6爆撃機、1機TU154偵察機、1機Y8電子偵察機

 台湾軍の発表する消息では、中国大陸の戦闘機の編隊は今日台湾島を一週巻くように飛行した。

元の記事
http://mil.news.sina.com.cn/china/2016-12-11/doc-ifxypipt0887210.shtml 

中国人のコメント

日本は自分が誤りを犯したことを認めたことがあるのか?打たれなければわからない、米国の2発の原子爆弾が彼らを服従させて長年が経過した、今こそ打つべきだ!
1057 

やっと先に情報を出すことが出来た
532 

日本の犬は一貫して弱い者をいじめて強い者を恐れる!!!
439 

本日はこの話題が大きく取り上げられています。
妨害弾の真偽は不明ですが、中国としては日本を攻撃できるネタが欲しかったのでしょう。
WTOアンチダンピングの報復とも考えられますが・・
背景をもう少し調べる必要がありそうです。