読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

中国42都市の大気汚染警報発令 13日から緩和

社会
12月12日11时,郑州市气象台发布雾霾黄色预警。从11日起,受冷空气影响,郑州市大气扩散条件不利,空气质量持续走低,城市上空灰蒙蒙一片,能见度低,出行的市民也大多戴上口罩进行防护。气象台提醒,雾霾天驾驶员需谨慎驾驶。 韩章云 摄

 中国新聞社北京の12月12日のニュースでは10日~12日、中国北京・天津・河北中南部、山西南部、山東西部、河南北部は次々と重度の大気汚染が発生した。環境保護部が発表した早期警報の情報により、42の都市が早期警報を発令した。中国環境保護部が12日に夜重点地区の汚染状況を提示したが、一部の都市では未だ発令対応出来ていない。

 環境保護部の発表する早期警報の情報により、各地は積極的に重大気汚染への対応を展開した、42の都市では統一的に早期警報情報を受けた応急対応を開始し、その警報発令を終えた。その中、廊坊市、臨汾市などの2つの都市は赤色の早期警報を発令し;天津、石家荘、保定、ケイ台、衡水、邯鄲などの17の都市はオレンジ色の早期警報を発令し;鄭州、洛陽、カ沢、徳州などの18の都市は黄色の早期警報を発令し;北京、浜州などの5つの都市は青い早期警報を発令した。

 環境保護部の表明では、対応の効果として、今回の重度の大気汚染地域及び時間が大幅に減少し、、汚染物質の濃度のピーク値が明らかに低下した。しかし一部の都市では対応が実施されておらず、例えば山西省の一部の都市は早期警報のランクが低く、応急措置への対応が不十分となっている。

 重度の大気汚染予報の予測により、環境保護部は監督調査チームを派遣し、滄州、衡水、ケイ台、邯鄲、徳州、聊城、安陽などの重点地区に対して対応方法の特定項目の監督調査を展開し、重点監督調査地方政府の対応方案の開始及び実行情況の確認、石炭ボイラーが工業企業の基準に適合するような排出方法及び減少手段の実行情況の確認等を行う。

 監督調査チームが検査中で発見した事は、河北省滄州市で存在する問題が比較的際立っている、生産を制限する措置をが名ばかりで、鋳造機械からの汚染がひどく、企業の汚染対応の方法もまちまちである。

 それ以外に、その他の地区や一般都市の監督調査中でも以下の際立った問題を発見した:一部の企業は汚染物質減少要求に対して何も対策を行っていない;一部の企業は依然として違法な汚染物質排出を行い;管理も不徹底である。

 環境保護部が発表したところによると、13日には、北から南へ冷たい空気が移動することにより、徐々に汚染が緩和されていく。地区の大部分は軽度の汚染にまで回復し、その中の河南北部は偏北風に影響させられ、恐らく重度の大気汚染は短期間で終わる、最も重要な汚染物質はPM2.5とPM10である。(完)

元の記事
http://news.sina.com.cn/o/2016-12-12/doc-ifxypizk0329682.shtml 

中国人のコメント

空気汚染は大風がを引き起こし、河流の汚染は洪水を引き起こす。
264 

中国人民の改革により1日中社会の暗黒状態の中で生活せざるを得なくなる
206

すべて個人の私欲を満たすため、極端な商業化は都市を開発し、大きい都市病は交通渋滞をもたらし、人員はあまりに密集し、これらの霧の土煙の環境基準に達しない都市は不動産を販売と建設を停止し、もう土地を売り出さなくて良いから、毎年緑化し、私は3年以内に環境の変化を見ることができるようになりたい!
170

環境汚染については中国国民の関心及び政府批判がかなり強い問題です。
今後中国に工場を建設する企業は、相当な環境対策費用の支出を迫られる可能性が高いです。
これに関しては、引き続きウォッチしていきたい 問題です。