読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第三章~転居

社会
  常曾強は転居を決めた。

 これ以前に彼は30万近くマイナスになった。2013年に、彼の焼鳥店は毎年ただ2,3万元だけ儲け、これと以前の毎年の10数万元と比較して、減少率が70%を上回る。この時に彼はとても納得がいかなかった、豊富な経験を持ち、店の場所は変わらず、人の群れも変わらず、しかし収入はどうしてこんなに下がるのか?考えた上、彼は旅館に投資を切り替えた。

 彼の2件の旅館は七台河市で最もにぎやかな大通り―霞光街に開いた。霞光街は現地の夜の暮らしぶりの最も豊富な場所で、約2キロメートルの長い大通りの両側、ブティック、旅館、歌ホール、ネットカフェ、あぶり焼き、夜店などの商店。霞光街は全体市夜店の最も多い大通りで、この都市の消費能力を代表している。

 しかしよいことは長続きせず、半年後に常曾強は再度発見した、霞光街旅館、ブティック、すべての商売はすべて低迷してきた。“この小城に流入する人は少なくなり、流出する人が増え、カップルで宿に泊まる人も少なくなり、旅館はだんだん赤字になった”。霞光街の他の旅館もすべておなじ苦しい立場に直面し、街の表門はぴったり閉められ、転居の張り紙が貼られる。個人経営者は徐々に分かってきた、これは石炭に依存してきた、産業構造が大きく変化してきたためだ。石炭の企業の没落、この都市の消費市場の低迷。

 七台河市にその時すでに東北を出て行く多くの人がいた、北京、上海、天津、三亜などの場所が発展した。常曾強の知ったのは、彼らの中で多くの人の年収は10万~30万元であった。彼は真剣に観察し比較して、“能力は他人と変わらない”と感じた、都市で稼ぐお金は彼より多く。“人は外で20万儲けることができて、私は家で2万近くしか稼げない”。

 2014年4月27日、霞光街旅館を中を整理し、家具を売り払った後に、彼ら夫婦は北京行きの列車に乗り込んだ。彼は東北人中で接触し、大部分は北京で商売、例えば飲食店、ネイルアート、散髪、を開いて軽食店などを開き、仲介をする人もいる、ローンをする、スーパーマーケットでアルバイトする事も出来る。

 七台河市役所の公式サイトの上で発表するデータでは、2009年~2014年の5年間、この都市の人口の総計、93万人が88万数人まで減少した。2014年の当時、全市は12万人以上が転出した。人口の下降傾向が明らかである。

 2010年の全国第6回国勢調査のデータによると、遼寧吉林黒龍江省から共に人口の400数万が流出し、、東北地区の人口がいつも180万流出する。2000年の全国第5回国勢調査の時に、東北地区の人口は36万流入した。今回の国勢調査では:遼寧省の人口は主に北京、天津、河北へ流出;吉林省の人口は主に遼寧、北京、黒龍江に移動;黒龍江省の人口は主に遼寧、北京、山東、河北、天津に移動。