読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中華見聞録-中国ウォッチャイナ!

日本では紹介されることが少ない 中国のニュースや記事を翻訳して紹介しています。 まだまだ素人なので 翻訳が未熟な部分はご容赦下さい・・(^_^;

黒龍江の最大石炭企業の過去:東北の人口は流出し加速する~第三章~もがく-最終章

社会
 分かれた従業員が適当な場所に落ち着くのは東北の生産能力の面で難題である
 今年登場する《黒龍江省過剰石炭解消生産能力の実施計画》の中で、黒龍江省は人員の6.2万人の分散配置を予定しており、その中で、竜石炭グループは5万人を占める。この省の手配により、竜石炭グループは2016年に従業員2.4万人、2017年に分散配置1.1万人、2018年が1.4万人、2019年から2020年までが0.08万人。

 2014年8月、七台河鉱業会社党委員会“管理強化損失抑制”などの問題、竜石炭グループの当時の上半期の会議で経験を紹介した。今回の会議は困難・障害を乗り越えるため緊張に満ちていた。“損失、改革を深め、安定的な保護を抑える”は主要な任務になる。竜石炭グループの理事長の張は更に提案し、2017年まで、竜の石炭の主な仕事の欠損を利益に転じさせる目標を実現させる。

 常曾強は北京に2014年末に来たが、七台河市の竜石炭下役会社はまだもがいて改革していた。七台河鉱業会社桃山鉱山の機関の幹部の韓祥峰は30数名の従業員を率い、外市場に進出し、開拓し七色城の不動産の管理活動を請け負い、内部で大きく表彰された。

 2016年12月7日、桃山の立て坑下の坑道は、通風口をふさがれ埋められた。これは労働者が再び井戸宿題をおりることができない事をの意味する。残ったのは100名の労働者と井下の鉄道、機械などの設備、この鉱山は荒廃に直面するであろう。

 もとはにぎやかな鉱山区は今のところ全面的に不景気で、労働者達は仕事着を脱いで、大部分が順次“自主的に創業の合意”を締結する。鉱山上で3年5年の契約の後で、労働者達は勤務を停止するであろう、毎月500元の再就業を待ち受ける給料、3年あるいは5年後でまたこれらの鉱山労働者の1部門は受け取れる。別の2種類の方案は監視塔を離れ、その他の部門に配置される。

 桃山鉱山の仕事経験10年の女性、現地の一国家機関に配置されら、森林防火の仕事を担当し、毎月の給料はたった千元である。

東北の状況につきましてはこれからもウォッチしていきます。
この問題につきましては、中国政府にとっても、重要ではないかと考えていますので・・